みんなの幸せ40’s

40代を幸せに生きるために

子ども

お弁当のパターン化

毎日作っているお弁当。 何をどのくらい用意すればよいか、なかなかイメージがつかめず苦戦してきました。 お弁当作りを続けること1年半以上。 最近やっと、自分の中でパターンづくりをすることができ、気持ちが楽になってきました。 小学4年生男子のお弁当 …

ごほうびはポロリと

先日、長男(10歳)と次男(6歳)のサッカーの試合がありました。 試合の後に、今日のMVPが発表され、見事次男が選ばれました。 暑い中がんばっていたので、一緒にプレイしたお友達がみんなMVPをもらったのですが…。 それでも次男は大喜び。 「今日はお祝い…

長く使えるベビーグッズ

長男が産まれてはや10年。 いろいろなベビーグッズを使ってきました。 自分が赤ちゃんだった時代から比べると、今のベビーグッズはすごいですね。 個人的にびっくりしたのは、紙パックのジュースのホルダーです。 紙パックのジュースは加減の分からない子ど…

お手伝いを継続させるコツ

うちでは長男(10歳)と次男(6歳)に、夜の洗濯干しと洗濯たたみのお手伝いを毎日してもらっています。 今まで年齢に応じてお風呂掃除、玄関をほうきで掃く、ごみを捨てる、箸ならべ…などのお手伝いを子どもにやってもらってきました。 今日は、子どもにお…

朝イライラしないための作戦

今日、長男(10歳)、次男(6歳)のサッカーの試合がありました。 朝7時45分に子ども3人連れて出発予定。(夫は不在) いつもなら、 「ユニフォーム忘れないでカバンにいれてね。」 「着替えて。」 「ご飯食べて。」 逐一指示を出し、子どもを動かす。 思い…

思いやりのある子に

幼稚園に通う次男(6歳)。 先日幼稚園からの連絡帳に子どものことについて書かれていました。 ・縦割り活動をするとき、年長さんだから年下の子をリードしてほしいのだが、自分本位な様子がある。 ・お友達と一緒に本を読むとき、本を真ん中に置くように指…

優しいおばさん

昨日子どもたちと話していて言われました。 「お母さん、若いころ(??)は優しかった。それなのにどうして最近イライラしてるの?」 「お母さん、優しいおばさんになりなよ。」 ぼくが赤ちゃんだったとき、小さかったときは、お母さんはあまり怒らなかった…

少しずつ女子になる

先日3歳の誕生日を迎えた長女。 上に二人の兄がいるせいか、自分のことを男だと思っている様子。 男性用の便器で用を足そうとしたり、自分のことを「おれ」と呼んだり…。 そんな様子を面白がって見守っていたのですが…。 そんな長女にも少しずつ女の子らしさ…

もとめない

1週間以上幼稚園をお休みしていた次男(6歳)。 体調もよくなり、やっと登園できると思っていたのですが…。 もともと担任の先生との相性が良くないということもあり、「行きたくない!」と渋りました。前日から泣いて、当日の朝も泣いて。 そこで私は連絡帳…

失敗を経験させる

最近、宿題になかなか取り組むことができない長男(10歳)。 ずるずるとやらないまま時を過ごし、翌日の朝になって慌てて取り組むも、時間が足りずに朝ごはんを完食できないこともしばしば。 先日は朝ごはんを食べないまま登校し、「今日は1日気持ちが悪…

英検ジュニア

英語の学習について。 「小学3年生からの必修化」「小学5年生からの教科化」が2020年度に完全実施とのことで、長男(10歳)の周囲にも英語の学習塾に通っているお友達が多いです。 長男の通う学校でも今年度から週に1時間、ネイティブの先生による英語の…

脳育て

最近、家にいることが多く、必然的に読書の時間が多くなっています。 最近面白かった本は、「脳を育てる」本。 5歳までに決まる! 才能をグングン引き出す脳の鍛え方 育て方【電子書籍】[ 成田奈緒子 ] 価格:983円(2017/9/8 16:51時点)感想(0件) 子どもが様…

体調を崩した次男

次男(6歳)が体調を崩しています。 今日で幼稚園を休んでちょうど1週間になりました。 いつもは長女(2歳)と2人で過ごす日中。次男がいると助けられることもありますが、体調が悪いためか、機嫌の悪い次男、なかなかやっかいです(;´・ω・) ・DVDを見ると「…

子どもの記憶力ってすごい

夏休みに、長男(10歳)が百人一首の音読に挑戦しました。 挑戦と言っても、1日1回、できるだけ毎日、音読しただけです。 先日のブログにも書きましたが、学校からもらってきた百人一首のプリントをA4の大きさにコピーして、ラミネートするところまでは…

宝物は五つ

咳が出ているため、連日幼稚園を欠席している次男(6歳)。 体調が悪いためか、機嫌も悪く、なかなか一筋縄ではいきません。 妹がのるベビーカーに乗りたがったり、自分のカバンを自分で持つのが嫌だと言ってはぐずぐず言ったり…。 そんな次男に私もイライ…

ことばを覚える

次男(6歳)が平仮名を読めるようになったのはちょうど1年前。 一切親から働きかけをせずに様子を見ていたのですが、5歳を過ぎて急に平仮名を読むようになりました。 平仮名を読めるようになって1年。最近、やっと一人で本を読めるようになってきました…

歴史マンガ

歴史に興味を持ち始めた4年生の長男。学校の図書館から歴史マンガを借りてくることも増えてきたので、わが家でも歴史マンガを1セット購入をしました。 いろいろな歴史マンガが出ているので、どれにするか迷ったのですが、長男に相談した結果、これになりまし…

都道府県を覚えさせる

夏休みですね。 ほぼ1か月もある夏休み。小学校4年生の長男に、勉強面でも「今年の夏休みにはこれができるようになった!」というものを残してあげたいと思いました。 子どもと相談して決めたのが百人一首と都道府県です。 百人一首は、夏休み前にクラスで取…

子がすんなり宿題に取り組む方法

家庭学習に取り組むのになかなか重い腰を上げたがらなかった長男。小4です。 4年生になって家庭学習の量も増え、下校時刻も遅くなり、家で家庭学習をこなすのにひいひい言っている。それが実情でした。 4月から色々と工夫を重ねて約3か月。 「はやくやる…

生活の中に算数を

「生活の中に算数を」 わが子に算数好きになってもらうべく、私が掲げているモットーです。 日常生活の中に、算数を使う場面がたくさんあります。お子さんの年齢に応じて、クイズ形式にして問題を出すと、子どもたちはノリノリで考え始めます。 「この場面で…

シールの選び方

昨日、次男とシールを買いに文房具屋さんへ。 次男は先日もらった100元のお小遣いを持って行きました。 お友達へのお手紙に貼るシールがほしいようで、男の子用と女の子用を探していました。 ふと気づくと、少し古くなったシールが「買一送一」(1個買ったら…

子どもを信じる2

おととい、長男と久しぶりのバトル。 長男が次男を思いっきりパンチ、そのあと思いっきりキックしたのです。 サッカーを習っている長男のキックは強烈です。サッカーで鍛えてもらっている足をそんな風に使うなんて…。 私の頭の中は怒りでいっぱいでした。 公…

いやいや期におすすめの本

絶賛いやいや期中の長女2歳9か月。 私の姉にもらったこの本が最近のお気に入りです。 いるよね~!こんなこ [ たかいよしかず ] 価格:864円(2017/6/21 13:32時点)感想(5件) 前から読むと「いるよね~!こんなこ」 ・ベビーカーイヤイヤ ・ニンジンイヤッ …

移動中におすすめの遊び

先日電車で旅行に行ってきました。2本の電車にどちらも45分ほど乗車しました。 退屈してくると騒ぎになるので、やってみたことを紹介します。 「1を取ったら負け」ゲーム 二人でやります。 二人とも、両手を開いて10本の指を出します。 二人分で20本ある…

次男の骨折

次男が骨折しました。 今年の3月1日のことです。 それからほぼ3か月。先日の通院で最後となり、めでたく病院を卒業しました。記念にここに記録を残しておこうと思います。 3月1日 夕方公園で遊ぶ。雲梯で2段飛ばしに挑戦しようとした次男。勢いをつけ…

いつまでいたずらするのか

子どもって何歳までいたずらするのでしょう。 最近ふと気が付きました。現在2歳9か月の長女が、いたずらしなくなったなあと。 私は子どものいたずらが好きなほうで(言い方が変ですかね?)、子どもがいたずらを始めると、シャッターチャンスを狙ってできる…

2歳児とクッキーを作る

昨日お友達のおうちにお邪魔する予定があり、長女と一緒にクッキーを作って持参することにしました。 家で作るクッキーはいつもこのレシピです。 cookpad.com よく作るので、カードに書いてキッチンに置いています。(倍量です) たまご大さじ4はだいたいMサ…

テレビを活用

現在住んでいるマンションには家具家電がついていました。 大きなテレビもそのうちの一つです。 日本のテレビを映す契約をしなかったので、見ることができるのは中国語のテレビばかり。ほとんどの番組は下に中国語の字幕が出るので、中国語の勉強にもなるか…

食べる遊ぶ寝る

先月10歳の誕生日を迎えた長男。 昨日は12本目の歯が抜けたそうで、ぐんぐん大人に向かっていくのだなあとしみじみ。 まだまだ子育ては続きますが、ようやく一つの節目を迎えたなあと感慨深い気持ちです。 この子が産まれたときから今日にいたるまで、子育て…

予定を見える化

次男が幼稚園に出発するのは朝の7時50分。 それまでにトイレ、朝ごはん、着替え、幼稚園の支度…などとすることがたくさん。しかしなかなか動かない次男。イライラする私。「早く早く」「もう○分だよ!」過去に何度声を荒げたことでしょう。 しかし、親野智可…