みんなの幸せ40’s

40代を幸せに生きるために

歴史マンガ

歴史に興味を持ち始めた4年生の長男。学校の図書館から歴史マンガを借りてくることも増えてきたので、わが家でも歴史マンガを1セット購入をしました。

 

いろいろな歴史マンガが出ているので、どれにするか迷ったのですが、長男に相談した結果、これになりました。

歴史漫画サバイバルシリーズ(全14巻セット) [ 河合敦 ]

価格:18,144円
(2017/8/18 14:54時点)
感想(3件)

 

先日Amazonで、台湾への送料無料キャンペーンをしていたので、その時に購入しました。送料無料、ありがたいです。

 

長男のみならず、次男もどっぷりはまり、読んでいます。

 

どの巻も、現代からタイムスリップして各時代に行くという設定。読みやすく、分かりやすいです。

そもそもマンガとして面白いようで、うちの子たちもゲラゲラ笑いながら読んでいます。

 

この漫画のおかげか、長男が今年の夏休みの自由研究に選んだテーマは「火縄銃」です…。火縄銃の絵をかいたり、発砲の仕組みを調べたりしています。まだ完成していませんが、どうなることか楽しみです。

 

歴史の学習が始まるのは6年生からですが、その時までに少しでも歴史に対するハードルが低くなっているといいなと思っています。

 

都道府県を覚えさせる

夏休みですね。

ほぼ1か月もある夏休み。小学校4年生の長男に、勉強面でも「今年の夏休みにはこれができるようになった!」というものを残してあげたいと思いました。

 

子どもと相談して決めたのが百人一首都道府県です。

 

百人一首は、夏休み前にクラスで取り組んでいたようです。5色百人一首というもので、20枚ずつ色分けされた百人一首です。学校から配られたプリントをコピーしてラミネート加工しました。これを1日1回ずつ音読する作戦です。

 

都道府県は、4年生の後半で学習する内容です。その時期に一気に覚えるよりも、今から少しずつ覚えておくと自信につながるのではないかと考えました。

 

都道府県を制覇するために考えた作戦は次の通りです。

都道府県パズル(あきやまかぜさぶろう)

1日10分でちずをおぼえる大きなパズル ([バラエティ]) [ あきやまかぜさぶろう ]

価格:1,404円
(2017/8/16 12:59時点)
感想(4件)

まずは、時間のある時を見計らって、パズルで遊ばせました。長男につられて6歳の次男もこのパズルにはまり、「秋田県は天狗の形」などと、形をだいたい覚えてしまいました。

 

都道府県パズル(公文)

★送料無料★ くもんの日本地図パズル くもん 公文 KUMON 日本地図 パズル くもん出版 KUMON 遊具・のりもの おもちゃ 【あす楽対応】

価格:2,550円
(2017/8/16 13:02時点)
感想(18件)

こちらのパズルは少しピースが小さいのですが、地域ごとに色分けされたものと、色分けされていないものがセットになっています。色分けされていないものでもできるように何度か挑戦していました。

 

 ・ちびむすドリル都道府県白地図

happylilac.net

こちらのサイトから白地図をダウンロードしました。

自主学習ノートに都道府県名を書いたり、色を塗ったりしました。

 

・話題

とにかく、都道府県に関する話題について意識して話すようにしました。

「甲子園に出ているチームは何県かな?」

「今、雨が降っているのはどのあたり?」

広島県で平和祈念式典が行われているね。」

などなど、なにかと話題にして、その都度位置を確認するようにしました。

 

1日目にした都道府県テストでは11問正解だった長男。最終日にする予定の都道府県テストが楽しみです。

子がすんなり宿題に取り組む方法

家庭学習に取り組むのになかなか重い腰を上げたがらなかった長男。小4です。

4年生になって家庭学習の量も増え、下校時刻も遅くなり、家で家庭学習をこなすのにひいひい言っている。それが実情でした。

 

4月から色々と工夫を重ねて約3か月。

「はやくやることをやりなさい!!」と怒鳴ったこともしばしば。

少しずつ改善を重ねて、やっと自分から家庭学習に取り組めるようになりました。

わが家の場合は次のような作戦を使ってみました。

 

すぐやらない

「宿題してから遊びに行きなさい。」なんて声をかけていた時もありましたが、下校して疲れているところに家庭学習なんて無理だと悟りました(笑)

最近では下校したら一緒におやつでも食べながらほっとできる時間を作るようにしています。

 

 

今日の宿題を口に出して言う

まず「今日の宿題何?」と聞きます。できるだけさわやかに(笑)プレッシャーを与える口調で言うとかたくなになってしまうので…。

これは脳にインプットをするという点で有効だそうです。意識が宿題へと向きやすくなるのだとか。

 

今日の宿題を机の上に出す

漢字練習なら漢字ノート、計算ドリルならドリルを机の上に並べて置きます。

「そうすると宿題が嫌な気持ちが少なくなるらしいよ。」と伝えました。これも脳へのインプットという点で有効らしいです。

 

一問だけ

「遊びに行く前に1問だけやってみたら?」と声をかけます。「1問ならできる!」とのりのりで取り組めることが多いです。調子がいいと、1問だけと言いながら5問くらいできる時もあります。

 

大変さに共感する

子どもが宿題に関する愚痴を口にしたら、大いに共感するようにしました。

子「漢字をなぞるのがいや。」→母「ほんとだよね。手が痛くなってくるよね。」

子「どうしてこんなに宿題多いの!」→母「こんなにやらなきゃいけないなんて大変だよね。」

 

がんばっていることをほめる

よい姿を見逃さないように、その場でほめます。

「毎日ほんとにがんばっているね。」

「集中して勉強しているね。」

 

ノートを見返す

時々家庭学習のノートを一緒に見返し、成長を確認します。毎日の積み重ねが今の力になっていることを強調します。

「この時はイヤイヤだったけど、頑張ってやっていたよね。」

「この前はこの計算ができなかったけど、今は間違えずにできるようになったね。」

 

終わらなかったら朝やる

サッカーの夜練習があるときは、家庭学習の時間を確保できないことが多いです。帰宅も21時過ぎ。その時はさっさとあきらめて寝せるようにしています。朝いつもより30分ほど早起きして家庭学習の時間にあてています。

 

家庭学習は学校との約束。約束を毎日守れるように、家でもサポートして行けたらと思っています。

 

西瓜汁スイカジュース

台湾の市場でつい買ってしまうもの。

西瓜汁(スイカジュース)です。

f:id:hachi2017:20170630132248j:plain

これで20元です。

f:id:hachi2017:20170630132331j:plain

カットしたスイカを入れて、砂糖をスプーンで2杯くらい入れていました。ガーっとミキサーで混ぜて、ざるでこしたら出来上がり。

f:id:hachi2017:20170630132444j:plain

右から西瓜汁(スイカ)、檸檬汁(レモン)、百香果汁(パッションフルーツ)、一番左のはトマトジュースです。

 

ちなみに、台湾でよく見かけるスイカは特大のラグビーボールのような形をしているもの。縞模様はなく、黄緑色です。

f:id:hachi2017:20170630132128j:plain

f:id:hachi2017:20170630132145j:plain

(画像お借りしました)

 

日本では夏が終わるとスイカの季節が終わりさみしかったですが、こちらは夏が長い分、スイカの季節も長いです(ほぼ1年中市場で見かけます)。

楽しみたいと思います。

生活の中に算数を

「生活の中に算数を」

わが子に算数好きになってもらうべく、私が掲げているモットーです。

 

日常生活の中に、算数を使う場面がたくさんあります。お子さんの年齢に応じて、クイズ形式にして問題を出すと、子どもたちはノリノリで考え始めます。

「この場面ではどんな問題を出せそうかな?」と考えることで、こちらの(鈍った)頭も鍛えられます。

 

時間と時刻

出発するのはこの時間。あと何分ある?

これから30分テレビを見るとしたら何時何分にテレビを消せばいい?

分ける

この25個のブドウをみんなで分けると、一人何個ずつ?

ピザをみんなで分けるには、ナイフで何回切ればいい?

ペットボトルにジュースが500ミリリットル。3人で上手に分けるには一人何ミリリットル?

数える

この飴は何個ある?

ライチは全部で何個ある?

白い車が何台通るか数えよう。

違いはいくつ

このマンションは24階建て、向こうのマンションは15階建て。このマンションのほうが何階高い?

あなたの身長は110センチメートル、お兄ちゃんは135センチメートル。お兄ちゃんは何センチメートル高い?

計る

水を300ミリリットルだけくんできて。

バナナを半分の長さに切って。

割合

1000元の服が8折(2割引き)で売っていた。いくらで買える?

1斤(600g)90元で売っていたバナナ。3斤でいくら?

だいたいいくつ

今日のお医者さんでかかったお金は490元。この前は210元。合わせてだいたいいくらかかった?

消しゴム28元と、ノート18元。合わせるとだいたいいくら?

 

算数が苦手だというお子さんに。苦手だからとたくさんの問題を解かせようとすると、ますます苦手意識を強く持ってしまう場合があります。

 

生活の中のふとした場面にも算数がちりばめられていること。「算数って使えるな」「算数って楽しい」って思ってもらえるしかけをつくっていけるといいなと思います。

 

 

 

 

台湾の市場で買い物6月24日

先週の土曜日に市場で買い物したものです。

f:id:hachi2017:20170628152303j:plain

野菜です。

にら、キャベツ、カボチャ、大根、玉ねぎ、キュウリ、ブロッコリー

全部で470元

 

f:id:hachi2017:20170628152436j:plain

果物。

マンゴーが7個入って100元でした。バナナは70元。

マンゴーは贅沢に一人一つずついただきました。

 

f:id:hachi2017:20170628152538j:plain

肉団子130元、卵85元、エリンギ50元。

肉団子はスープに入れて食べました。大きいので食べ応えあります。

 

f:id:hachi2017:20170628152641j:plain

炒麺。焼きそば用の麺です。

800gで40元。

塩焼きそばにしました。

 

f:id:hachi2017:20170628152737j:plain

いか。おいしそうだったので買ってみました。180元。

買った後にお店のおじさんがさばいてくれました。

焼いて、しょうゆをジュッとかけて食べました。ぷりぷりしておいしかった。

 

f:id:hachi2017:20170628152819j:plain

厚揚げ。620グラムで55元。

豆腐屋さんのものです。わが家では豆腐代わりに使って麻婆豆腐にしたり、焼いて油淋鶏風のたれをかけたりして食べます。

 

安くて新鮮で楽しい!

台湾の市場が大好きです。

シールの選び方

昨日、次男とシールを買いに文房具屋さんへ。

次男は先日もらった100元のお小遣いを持って行きました。

お友達へのお手紙に貼るシールがほしいようで、男の子用と女の子用を探していました。

 

ふと気づくと、少し古くなったシールが「買一送一」(1個買ったら1個もらえる)になって、しかも格安の15元で売っているではありませんか。

 

しかし次男はしばらくそこを物色した後、「ほしいのがないからいいや」と言って、他のシールを探し始めました。

 

結局次男は「これにする!」と即決。男の子用にカーズのシール(60元)、女の子用にキティちゃんのシール(30元)を購入していました。

 

私だったらどうするかな?と考えさせられました。シール2枚で15元で済むなら、無理やり安売りの棚から選ぶかもしれません。その中で一番無難なものを選ぶと思います。100元のうち15元を使って、残りの85元を何に使おうかな?と考えると思います。

 

でも、次男は一番ほしいと思えるものを買っていました。値段ではなく、モノを見て決める。これって大事なことだなと。自分が納得できるものを、買える範囲で買う。そうるればあとで後悔することもないでしょう。

f:id:hachi2017:20170629162053j:plain

 

次男は買ったそのシールをさっそくお友達にあげたり、お手紙に貼ったり。とても楽しそう。自分や友達の幸せのためにお金を使うんですね。

 

私も見習わねばです。